ファイル&チェック… by idest

牛は飼料を何度も噛砕き、人は資料を気が済むまで噛砕く…そんなスタイルのスペースも好い‥😻

人の為せる業

お題「自分を励ます言葉」

 

Hatena Blogを開いた私の視線に飛込んできたこのお題。ブログを訪れた人の視線を捉える恰好の配置が計算されてるってことのようです、それはさて置き‥

Hatenaに限らず、私もインターネットを道具と捉えていて、それでこの道具を使いこなせているかどうかは別の機会に検討するとして‥それにしても言葉は道具だろ?

言葉で自分は励まされるかと考えたとき、絵を鑑賞しても励まされるし、音楽を聞いても励まされるし、ドラマを観て励まされる私 だから 言葉でも励ませる理屈になる。

道具は鑑賞目的で生れたのではなく、たとえば人斬り包丁に名刀が生れたような‥だが私が求めるのは名刀・名言の類(たぐい)でなくて言葉の魂(たましい)と言えば好いか‥

言葉の魂といえば‥言霊(ことだま)を思い浮べるかも知れない。名刀に魂が宿っていると云う‥だが言葉の魂って何だ? 言霊って何だ? それで最初に戻ってみよう‥

ブログを訪れた人を捉える恰好の配置‥偶々(たまたま)かも知れないが、それは人の為せる業(わざ)。物・配置・ターゲット・タイミング等の複合技にも想い(魂)が籠もる。

ナルホド! 私が受取る情報は人の為せる業に違いない。私のためにはその人その人の業(ごう)が深く関わって私の目標へ・私を確実に運んでくれていると確信できる。

24時間365日永遠のルートをつかって送り届けてくれる言葉・言霊、その原動力となって私のために尽くしてくれている様々の生命・全ての生命・世界・私の環境。

なんと有難い存在なのだろうか。それであなたへ感謝の心を捧げたい。拝。