ファイル&チェック… by idest

牛は飼料を何度も噛砕き、人は資料を気が済むまで噛砕く…そんなスタイルのスペースも好い‥😻

苦しいときはお互いさま

お題「引っ越し」

 

已む得ない事情もあれば自分の都合で引っ越す場合もあって、せっかく就職した事業所なのに倒産の憂き目をみて一年も経たないで引っ越さなきゃならないのは朝ドラ「ひよっこ」のみね子たち。長男以外は生まれ育った実家を出て新たな天地へ引っ越さなきゃならない日本の諸事情。.上野はおいらの心の駅だと健気(けなげ)な若者たちの想いを井沢八郎は唄ったが、いやいや、無事に生きぬくのは大変なことだよね‥って他人ごとのように言ってるけど様々な事情は誰にでも起り得ることで若者に限ったことでない。みね子の父親だって東京へ出稼ぎにきていたが家族に知らせることもせずに何処かへ引っ越していったようだが、引っ越し先がある人はまだ幸せだと思う。駅の待合いで夜露を凌いだり、野宿して寂しく夜露に打たれているかも知れない。他人の事情は分らないが苦しいときはお互い様‥その思いやりの気持ちから落ちこぼれる人がいない日本社会にしなければという決意に結びついて私たちの(きずな)へと昇華(しょうか)したのだと私は思っている。贅沢させて貰わなければ困るなどとはチットモ思わないし、私たち一人ひとりの最後の防波堤となってくれさえしたら私は全然不平に思わない。それで思いつくまま書いてみました。😅