ファイル&チェック… by idest

牛は飼料を何度も噛砕き、人は資料を気が済むまで噛砕く…そんなスタイルのスペースも好い‥😻

プロの矜持で

いかに好い戦いを見せるか‥これは大相撲に限ったことではないだろう。十両時代以降の宇良しか知らないが、その見せる相撲内容には痺れっぱなしで好印象が続いている。

体格に関係なく無差別で戦う大相撲は小型軽量力士にとって厳しい試合展開が毎日続く訳で、両手をシッカリ付く宇良の立ち合い姿勢は大型力士でも中々真似できないもののようだ。新大関高安との試合でも攻めて攻めて先手を取っていく姿勢は好かったが不幸にして足を痛めてしまったことが私には悔やまれてならない。

軽量力士だけに高安の怪力を以ってすれば片手で容易く投げ飛ばされて当然だろうな。これが白鵬であれば横綱の矜持が宇良に怪我まで負わせることはなかった筈で、新大関高安には余裕がなく、勝つことに精一杯だったと理解する。

宇良はそれ以降の戦いにも真直ぐに向っていってプロの矜持を見せていて清々しい。足の負傷を治して来場所には一層精進した姿を見せて欲しいと思っている。